新聞配達で再スタート 2010年10月
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

誤配寸前

今日は日曜日です。
朝起きると曇っていました。
バイクを見るとシートが雨で濡れていました。
昨日の雨でポストが濡れているようでした。
店に行きポストが濡れていそうなところの新聞だけジョイナーを掛けて、前半の荷物を積んで店を出発しました。
いつも配る順番に新聞の銘柄を並べてスクータに積んでいます。
配るお宅と違う銘柄の新聞が出てくるとどこかを抜かして配ったことがすぐにわかります。
前半の途中で本紙の新聞を入れるお宅で地方紙の銘柄の新聞が出てきてしまいました。
どこか入れるのを忘れてしまったか順番を組み間違えたかのどちらかだと思いました。
戻って地方紙を入れたお宅のポストを除くと全部新聞が入っていました。
順番を組み間違えたのかもしれないと思いそのまま配ることにしました。
全部の部数を数えて新聞を組むので最後に新聞が無くなれば間違いなく配れたことになります。
配っている途中で地方紙が足りないところが出てくれば組み間違えたということです。
前半の残りを配っても足りないところはありませんでした。
後半の荷物を積んで配っていくと残り少なくなっても新聞が足りなくなりません。
だんだん不安になってきました。
最後の家まで配り終わると地方紙が1部余ってしまいました。
完全に入れ忘れた家が一軒あるということです。
一生懸命頭の中で考えました。
地方紙があまってしまったところがやっぱり怪しいと思いポストをもう一度確認に行きました。
すると1軒だけ新聞が抜かれていました。
そのお宅の前が本紙を入れるお宅だったので念のため確認しに行きました。
その家の新聞を入れるところは玄関の切り口ポストだったので新聞が確認しづらいところでしたが、新聞が入っていないような感じでした。
ひょっとしたら本紙のお宅を飛ばして次の新聞を抜いてあった家に本紙を入れてしまったのかもしれないと思いました。
店に戻って本紙を玄関の切り口のポストのお宅に入れて、新聞が抜いてあった家に地方紙を入れておきました。
後はそれがあっていることを期待して家に帰りました。
もし違うお宅だったら不着本店の電話番の人から連絡があるはずです。
不着だったら新聞を届けなければなりません。
家に帰って寝ていると携帯の電話が鳴りました。
着信を見ると本店からでした。
不着してしまったと思い電話に出ると抜いてあったお宅から電話があって本紙の新聞が間違えて入っていたという連絡でした。
自分が後から地方紙を入れてきたことを言うとお客さんに確認の電話を入れてくれるとのことでした。
しばらくして電話が掛かってきました。
お客さんのお宅のポストに新聞が入っていることが確認されたといっていました。
電話番の人に誤配になってしまうか確認するとならないとのことでした。
最近は不着、誤配無しを続けているのでホッとしました。
今日は間違えたところがたまたま当たったので良かったのですが、気をつけて配らなければいけないと思いました。
明日は1日です。
新聞を新しく入れたり、止まったりしてしまうお宅もあるので気をつけなければいけません。
天気も良くないようです。
早めに休んで明日に備えたいと思います。
明日も頑張るぞ!
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

パパ

Author:パパ
3人の子供がいる新聞配達の正社員になったパパです。
趣味は最近は行けないけど ゴルフが好きです。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
現在の時刻
天気予報
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

yahoo 検索窓

FC2カウンター
FC2ブログランキング
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。